ホーム > コスメティック > 大人女子こそアイライン

大人女子こそアイライン

アイラインと聞くと若い人向けのメイクのように思われがちですが、実は目ぢからが弱くなってきた大人女子向けのメイク道具なんです。やり方を間違えるとギャルっぽくなってしまうので注意が必要ですが、きちんと使えば自然な目ぢからが出ますし、とても魅力的な目元を作ることができます。

 

アイラインの色は黒がおススメです。日本人の白目と黒目のコントラストをはっきりさせてくれるので、ぼやけた目元ときりっと引き締められます。初心者であれば芯がやわらかいペンシルタイプ、上級者であれば細い筆のリキッドタイプがいいと思います。

 

ラインの描き方は、まずは下がってきたまぶたを片方の手で軽く上へ持ち上げておさえておきます。こうすることでラインがぐんと描きやすくなります。描く場所は目の際ぎりぎり、まつ毛の間を埋めるようにするのがポイントです。まつ毛の上側下側のどちらに描いてもいいです。

 

目じりから黒目の内側のあたりまでにしておきます。目頭まで描くと不自然さが出てしまいます。また目じりは上にピンとはねないように描きます。あくまでも自然で若々しい目元が目標です。涙などで滲みやすい人は、描いた後にティシュや綿棒で軽く押さえておくといいでしょう。

 

また描いた後にアイシャドーの濃い締め色を重ねるとラインがより自然になりますし、にじみ防止にもなります。はっきりとした目ぢからが欲しい方は、ペンシルで描いた上をリキッドでなぞるとよりきりっとした目元を作ることができます。

それぞれのまつげ美容液の違いは?